【オーバーロード】イビルアイが超かわいい!知られざる魅力も大調査!

オーバーロードの冒険者イビルアイが超絶かわいいとネット上で話題になっています!

アダマンタイト級冒険者としてその強力な力を持ちつつも、容姿や言動、その設定にいたるまでかわいい要素が盛りだくさんです。

この記事ではアニメや書籍などあらゆる媒体からイビルアイのかわいい魅力を全力でお届けしたいと思います!


スポンサーリンク

【オーバーロード】イビルアイの基本情報

オーバーロードに登場するイビルアイは王国のアダマンタイト級冒険者「蒼の薔薇」の魔法詠唱者(マジックキャスター)として描かれています。

ちゃんと登場したのがラナーの従者であるクライムが青の薔薇のガガーランとイビルアイを呼び行ったシーンですね。

初めて見た人は、何やら本当に見えているのか分からない仮面をかぶり、声もくぐもった感じでミステリアスなキャラクターに映ったかと思います。

そんなイビルアイですが、実は仮面の下はかわいい素顔が隠されており、その体型と相まって少女のように見られがちですが、実は260歳を超える吸血鬼なのです。

そんないろんな”属性”を持つイビルアイのかわいいところをいっぱい見つけていきましょう!


スポンサーリンク

【オーバーロード】イビルアイのココがかわいい①:容姿

イビルアイのかわいいポイントとしてまず挙げられるのがその容姿でしょう。

身長は公表されていませんが、シャルティアと同程度だと仮定すると140cmほどで、オーバーロードでもかなり小さいほうですね。

シャルティアと違う点は残念ながら胸が平坦で、まさに少女然としているところがかわいい点ですね。

さらに、マジックアイテムでもある仮面を外すと、メインヒロインと言ってい良いかわいい美少女が登場します!

さらにアニメオーバーロード2期のキャラクターグッズの中には、いつもの赤ローブ以外のイビルアイも描かれていて、こちらもかわいいと人気のアイテムです。

アニメでは実際に私服のような恰好で登場したことは無いので、イビルアイファンならゲット必須ですね!


スポンサーリンク

【オーバーロード】イビルアイのココがかわいい②:声

デミウルゴス扮するヤルダバオトとの決戦において、ナザリックの軍勢とイビルアイは多数の戦闘を行います。

中でもイビルアイがかわいいと評判なのが、ヤルダバオトとモモンの戦闘を応援してしまうイビルアイです。

普段はその知略や200年以上生きている経験からくる経験で諭すように話しているイビルアイですが、自分がまるで歯が立たないヤルダバオトと互角以上に戦うモモンに対しては憧れざるを得ません

こんなコロコロ変わるかわいいイビルアイを演じているのが声優の「花守ゆみり」さんです。

イビルアイの声を担当する花守ゆみりさんもかわいい

この投稿をInstagramで見る

 

声優LIVEちゃんねるさん(@seiyu.ch)がシェアした投稿

イビルアイの声を担当して、かわいいと評判を受けているのが声優の花守ゆみりさんです。

花守さんの簡単なプロフィールは以下のとおりです。

愛称   ゆみりん、ゆみみ、はなべえ
出生地  神奈川県
生年月日 1997年9月29日
血液型  O型
身長   157 cm
事務所  m&i
活動期間 2013年~

現役女子高生声優としてデビューした花守さんは絵を描いたり、歌うことが趣味のかわいい一面を持っています。

またイビルアイ以外のキャラクターもゆるキャン△のなでしこ転スラのシズなどかわいい女の子を演じることが多く、イビルアイにもピッタリ合っていますね!

【オーバーロード】イビルアイのココがかわいい③:性格

次のイビルアイのかわいいポイントと言えば、その性格です。

普段の冷静でミステリアスな雰囲気のイビルアイであっても、無口なわけでは決してなく、むしろ仲間やその他の者に対してもアドバイスするなど優しい一面があります。

同じ青の薔薇のガガーランとは冗談で口喧嘩するほど、打ち解けていますね

戦闘においても仲間をかばって逃がしたり、奮闘する様を見てかわいいと思う人も多いはずです!

【オーバーロード】イビルアイのココがかわいい④:ギャップ

イビルアイのかわいいポイントで忘れてはならないのがその様々なギャップです。

幼い容姿ながら260歳を超えていたり、最も遅く青の薔薇に参加したのにも関わらず態度が一番大きかったりとそのチグハグ具合がまたかわいいですね!

普段は「極大級魔法詠唱者」の異名をとるイビルアイも他人からは力関係とは別に可愛がられています。

ガガーランを始めとする青の薔薇のメンバーはもちろんのこと、チームに加わるきっかけとなった十三英雄のリグレットとからは「泣き虫」「インベルンの嬢ちゃん」と子供扱いされています。

実は絵心が全くないと言ってい良いほど絵は下手で、聖王国からレメディオスら聖王国解放軍が王国を訪れた際に、ヤルダバオトに関する情報交換を行いました。

しかし、イビルアイが書いたヤルダバオトの絵を描いたが全く似ておらず、双子に似顔絵を破り捨てられてしまいます

「一生懸命描いたのに、ぐぬぬ・・・」となっているイビルアイはかわいいですね(笑)

そして最大のギャップといえば、アニメ版や書籍版、またWeb版とも全く違ったストーリーのアニメ「オーバーロードⅢ」の特典小説とのギャップです。

本編のイビルアイとは全く別のifストーリーながら、キーノ・ファスリス・インベルンとしてモモンガの相棒・メインヒロインとして活躍しています!

あまり知られておらず、かつこの特典小説の入手は困難を極めるので、イビルアイの知られざる魅力と言っていいでしょう!

【オーバーロード】イビルアイのココがかわいい⑤:モモンさまLove

なによりイビルアイが最もかわいいと言われている理由が”モモンさまLove“なところです。

ヤルダバオトのゲヘナ作戦において、エントマを何とか退けるも、ヤルダバオトには仲間は倒され、絶体絶命のピンチに現れたのが漆黒のモモンでした。

自分より強大な存在を目の当たりにして、すっかり心酔してしまうところが「チョロイン」と呼ばれるかわいいところです。

今回、よくよくイビルアイのモモンにデレている様子を確認していると、はじめは無機質な感じがしていた仮面姿もかわいさに溢れているように感じてきました!

きわめつけは、やはりヤルダバオトを撃退したあとのイビルアイの様子ですね!

もはや我を忘れすぎて、モモンに抱きついてしまうところが超かわいいですね!

邪険に扱われても、名残惜しそうにぶらぶらするところの動きもまたかわいいポイントですねよね。

【オーバーロード】イビルアイのココがかわいい⑥:かわいい対決?

案外見落としがちなのが、イビルアイとエントマとの戦闘後のこのシーン。

イビルアイもかわいいですが、エントマもかわいいという2度美味しいような回になっています。

イビルアイもオーバーロードの中では相当強いほうですが、まだまだ敵わない相手は沢山います。

そんな相手と出会うたびに「くっ・・!」なるところがまたかわいいですね。

【オーバーロード】イビルアイかわいいまとめ

オーバーロードのイビルアイのかわいいところについてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめ
  • イビルアイは長命・強力な冒険者ながらかわいいところが満載
  • 容姿や声だけなく、性格やいろんなギャップにイビルアイの可愛さが詰まっている
  • ファンが最もかわいいと思うポイントは「モモンさまLove」なところ

オーバーロードの謎の大半を知っているというイビルアイの今後の活躍を期待したいですね!

関連記事:
>>>【オーバーロード】リグリットってどんな人?声優は日本を代表するあの人!
>>>エントマの素顔は怖い?体の秘密やその正体を徹底解説!
>>>【オーバーロード】キャラの強さ・最強ランキングTOP30!No.1はアインズじゃない!?

スポンサーリンク