稲垣吾郎の舞台が話題!気になる評判は?

この記事では「新しい地図」のメンバーである稲垣吾郎さんの舞台での活躍と気になる評判についてお伝えします。映画やドラマでも活躍している稲垣吾郎さんですが、舞台での高い評判も見逃せないところです。そこで今回は「新しい地図」として活動を始めてからの稲垣吾郎さんの舞台での活躍と評判について大調査しました。稲垣吾郎さんの舞台での活躍と評判に注目です!


スポンサーリンク

稲垣吾郎の演じる舞台『FREE TIME, SHOW TIME 君の輝く夜に』

稲垣吾郎 SMAP解散後初の舞台

稲垣吾郎 舞台 評判
引用:https://natalie.mu/stage/gallery/news/281072/920308

「すごく充実しています。環境が変わり注目されますが、過去があるから現在があり、過去を否定もしません。今が一番楽しい」…言わずと知れた「SMAP」メンバーとして活躍した稲垣吾郎さんが「新しい地図」としての活動をスタートしてからも変わらず、テレビやラジオに加えて舞台や映画などあらゆるフィールドで活躍し、高い評判を得ています。

そしてSMAP解散後初となる稲垣吾郎さんの舞台『FREE TIME, SHOW TIME 君の輝く夜に』が2018年8月に京都劇場で開催されました。稲垣吾郎さん自身の主演で評判を呼び、過去3度おこなわれたショー『恋と音楽』シリーズのクリエイター陣が再集結して上演されたものです。

稲垣吾郎 舞台で演じる大人の恋の物語

新しい音楽劇を作ろうと、作・演出の鈴木聡さんとジャズピアニスト・佐山雅弘さんがタッグを組んで2012年から2年おきに開催され高い評判を得た『恋と音楽』シリーズ

主演の稲垣吾郎さんの魅力はもちろん、実力派の俳優陣と素晴らしい顔ぶれのジャズミュージシャンによる舞台上での生演奏が評判を呼んできました。

前作『恋と音楽 FINAL』でいったん終止符が打たれたものの「さらに進化した大人のためのオシャレなショーを」と評判に応えて再集結。女優陣には元宝塚歌劇団花組トップスターの安寿ミラさん、元劇団四季の北村岳子さん、元宝塚歌劇団月組の娘役・中島亜梨沙さんを迎え、ひとりの男をめぐる恋の物語を演じて、再び高い評判を得ることになったのでした。

稲垣吾郎の関連記事:稲垣吾郎と”ヒロくん”の関係は?嫁の経歴にもビックリ!


スポンサーリンク

稲垣吾郎がベートーヴェンを再演して評判に!舞台『No.9―不滅の旋律―』

稲垣吾郎 評判を呼んだ初演の舞台

稲垣吾郎 舞台 評判
引用:https://www.fashion-press.net/news/40330

初演は2015年10月。稲垣吾郎さんがまだSMAPのメンバーとして活動していた頃に上演されました。

「楽聖」とも称される作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが「第九」の通称で知られる生涯最後の交響曲“交響曲第九番ニ短調作品125”を生み出すまでの苦難の日々を描いて評判を呼んだ作品です。

幼少期に父親から暴力を受け、後に聴覚障害を患う作曲家のベートーヴェンを演じたのが稲垣吾郎さん。ベートーヴェンの作曲活動を支えていくことになるマリア・シュタインを、本格的な舞台には初出演となる大島優子さんが演じ、WOWOW「勝手に演劇大賞」女優賞を受賞するなど高い評判を得ました。

稲垣吾郎 待望の舞台再演が実現

月日は流れて2018年11月。聴覚障害や人間関係に悩み、生きることに苦しみながらも創作の炎を激しく燃やし続ける姿を熱演した稲垣吾郎さんの演技は大きな評判を呼びました。

そして今回、稲垣吾郎さんを再び主演に迎えて舞台『No.9ー不滅の旋律ー』が初演から3年を経て再演を果たすことになったのです。

ベートーヴェンを演じるのは、自身も熱心な音楽好きとしてクラシックに精通している稲垣吾郎さん。2015年の初演では偏屈な激情家と化した天才が持つ人間味あふれる様々な面を全身全霊で舞台上で熱演して大きな評判となりました。

なお、マリア・シュタイン役は新たに剛力彩芽さんが演じた事も話題を集めました。

稲垣吾郎の関連記事:稲垣吾郎のブログでとある花瓶が大人気!


スポンサーリンク

稲垣吾郎と名優との共演再び!舞台『LIFE LIFE LIFE ~人生の3つのヴァージョン~』

2019年4月に上演予定なのがフランスの劇作家ヤスミナ・レザの『LIFE LIFE LIFE ~人生の3つのヴァージョン~』。

ケラリーノ・サンドロヴィッチさん演出により上演され、出演は大竹しのぶさん、稲垣吾郎さん、ともさかりえさん、段田安則さんと演技力には評判の高い俳優陣が名を連ねました。

このメンバーは、2006年に同じくケラリーノ・サンドロヴィッチさんの演出で上演された舞台『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』で共演して大きな評判を呼んだ顔ぶれの再集結となります。

ストーリーや脚本は違っていても、13年ぶりに再び二組の夫婦として舞台上に現れることも評判を呼びそうです。ちなみに舞台『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』は2006年上演された際に、2007年第14回読売演劇大賞(2006年上演作品対象)で「最優秀作品賞」を受賞。さらにジョージ役を演じた段田安則さんが「大賞」「最優秀男優賞」を受賞するなど、各種演劇賞を獲得して非常に高い評判を得ました。

それだけに同じ演出家とキャストで上演される舞台『LIFE LIFE LIFE ~人生の3つのヴァージョン~』も大きな評判を呼ぶことが今から期待されますね。

稲垣吾郎の舞台評判まとめ

今回は「新しい地図」のメンバーとして活躍している稲垣吾郎さんの舞台での活躍と気になる評判について書いてみました。これからも稲垣吾郎さんの舞台での活躍も応援したいですね。そして稲垣吾郎さんがますます評判が高まっていくことに期待したいです!

関連記事:
稲垣吾郎と半同居人ヒロくんの関係は?嫁の経歴にもビックリ!
稲垣吾郎の主演映画が話題騒然!気になるロケ地は意外なあの場所!
稲垣吾郎のブログでとある花瓶が大人気!
稲垣吾郎のブログ読者数にビックリ!「黒田」さんはどんな人?

スポンサーリンク