熱田神宮の初詣の屋台や出店はいつまで?おすすめグルメもご紹介!

もう初詣に行く場所は決まりましたか?どうせ行くなら美味しいものがあるところがいいですよね。

この記事では熱田神宮の初詣で出る屋台や出店について時間や種類、オススメ店などをご紹介します。

これを見れば神宮の初詣屋台が10倍楽しめるかも!?


スポンサーリンク

熱田神宮の基本情報

この投稿をInstagramで見る

 

shiori*(@mieeel_412)がシェアした投稿

初詣に熱田神宮に行こうとお考えのあなたに、まずは熱田神宮の基本情報をお届けします。

熱田神宮の基本情報
  • 住所 〒456-8585 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1−1
  • 駐車場 無料 東門約300台、西門約40台、南門約60台
  • 交通アクセス 電車:名鉄神宮前駅徒歩3分、車:名古屋南ICから10分
  • 電話 052-671-4151(宮丁)、052-671-3800(会館)
  • 公式HP https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

熱田神宮の地図:

熱田神宮の歴史と由来について

熱田神宮の歴史と由来を知っていると、初詣がより一層楽しくなりますよ!

熱田神宮が何を祀っているかというとかの有名な三種の神器のひとつである「草薙神剣」(くさなぎのみつるぎ)です。

日本武尊(やまとたけるのみこと)が今の名古屋市緑区大高町火上山に留め置き、妃の宮簀媛命(みやすひめのみこと)が熱田に祀ったとされています。

西暦195年に神社が創祀されて、脈々とその歴史を刻んでおり、1945年には空襲で被災するなどした後も、再建や修繕が行われています。


スポンサーリンク

熱田神宮初詣の屋台や出店の営業時間はいつまで?

熱田神宮の初詣に出店している屋台や出店はいつまで営業しているのでしょうか。

例年の主な屋台・出店の営業時間は以下のとおりです。

熱田神宮の初詣での屋台の営業時間
  • 期間:1月1日 ~ 1月15日くらい
  • 時間:朝9時 ~ 夜22時くらい

ただし、熱田神宮の初詣で出店される屋台を最大限楽しみたいなら、三が日松の内までに行くのがベストです!

何故かというと、上の熱田神宮の初詣で出店される屋台の営業期間は、すべての出店・屋台で統一されていないからです。

熱田神宮の初詣時期に出店される屋台の多くは、

境内

神宮前駅と熱田神宮の道中

国道19号沿いの歩道

に集中していますが、1月7日を過ぎたころは多くの屋台が店じまいしていきます。

初詣の屋台や出店を楽しみたいなら、是非お正月から間を開けずに行くようにしましょう!


スポンサーリンク

熱田神宮の初詣の屋台にはどんな種類があるの?

熱田神宮の初詣ではどんな屋台が出店されるのでしょうか?

調査してみるとお店の数、そして売られている商品の種類も本当にたくさんあることが分かりました。

そんな熱田神宮の初詣で出店される屋台の種類がこちらです。

定番の屋台

熱田神宮の初詣に出店している定番の屋台としては、

焼きそば、いか焼き、お好み焼き、たこやき、明石焼き、広島焼き、たい焼き、大判焼き、焼きとうもろこし、などの焼き物。

とん汁、担々麺、ラーメン、おでん、どて煮などの汁物。

クレープ、バナナチョコ、カステラ、りんご飴、甘栗などのスイーツ系などがあります。

少し変わった屋台

熱田神宮の初詣に出店している”少し変わった屋台”としては、

玉子せんべい(たません)、新春肉巻おにぎり、新春・焼き小龍包、じゃがバターなどのごはん系。

とり皮あげ、金のポテト、金のからあげ、れんこんチップス、きゅうりの漬物などのおつまみ系。

鯛パフェ、ハチミツカステラ、フルーツチョコ、チュロス、いちご飴などのインスタ映えスイーツなどがあります。

ざっと屋台の種類をあげましたが、これらは熱田神宮の初詣の屋台としてはほんの一部です。

このほかにもビールや甘酒などの飲み物や射的などの楽しめる出店も出ていますよ。

最近の傾向としては、キャラクター商品を取り扱った屋台や出店が増えているようです。

小さな子供連れでも楽しめますね。

熱田神宮の初詣でオススメの屋台やグルメは?

熱田神宮の初詣に出店されている屋台の中でオススメもの、気になりますよね?

数ある熱田神宮初詣の屋台の中で是非食べておきたいものをご紹介します!

オススメ屋台・グルメ①:たません

熱田神宮の初詣でおススメしたい屋台その①は「たません(玉子せんべい)」です。

名古屋の人であればお馴染みですが、遠方から来られる人はあまり知らないかもしれません。

たませんは名古屋発祥と言われているB級グルメで、たこせん(たこせんべい)に目玉焼きや色んな具材を挟んだものです。

他の地域では食べられない味なので、是非ともお勧めしたいですね!

オススメ屋台・グルメ②:宮きしめん

熱田神宮の初詣でおススメしたい屋台その②は「宮きしめん」です。

「宮きしめん」というのは熱田神宮の境内に店舗を構えるきしめん屋さんで、滑らかな触感モチモチ感が特徴のきしめんが食べられます。

“きしめん”も名古屋グルメを代表する一つですが、お取り寄せグルメとして販売されるほどの人気の味になっています。

屋台も良いけど、しっかり食べたい」と思った時はオススメですね。

オススメ屋台・グルメ③:きよめ餅

熱田神宮の初詣でおススメしたい屋台その③は「きよめ餅」です。

熱田神宮に着たら必ず食べる」と声の多かったグルメがこの「きよめ餅」です。

熱田神宮の境内にある「清め茶屋」という休憩所にてお土産も販売しているところで食べることが出来ます。

屋台の食べ歩きに疲れた時など、休憩の際に、是非ご賞味ください。

お店 お休み処 清め茶屋(休憩所)
住所 愛知県名古屋市熱田区一丁目1番1号 熱田神宮境内
営業時間 9:30~16:30(LO.16:00)
定休日 なし
お店のHP http://www.atsutajingu.or.jp/

熱田神宮初詣屋台まとめ

熱田神宮の初詣で出店される屋台や初詣グルメについてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめ
  • 熱田神宮の初詣には定番から変わり種まで数多くの屋台が出店する
  • 屋台は1日から夜まで営業するが、次第に閉店する店が増えるの注意
  • “たません”や”きしめん”などの名古屋グルメが楽しめる

スポンサーリンク