紅白歌合戦2019(2020)の出演者予想!歌や曲目の最新情報をお届け!

いよいよ今年も終盤に差し掛かってきました。そこで気になるのは年末の大イベント・紅白歌合戦ですよね。

この記事では第70回となる紅白歌合戦2019の出演者や曲目を予想しています!

昨年の出演者今年の話題来年のイベントなどの情報から大胆予想をしていきたいと思います。

随時、最新情報が入り次第更新しますので、チェックしてみてくださいね!


スポンサーリンク

紅白歌合戦2019(2020)の出演者は誰?

例年、9月頃から出演者の調整が始まるとされている紅白歌合戦。

紅白歌合戦の出演者の中でも注目されているのが、

  • 出場歌手
  • 司会者

ですよね!

出演者の中でも出場歌手については毎年、特別出演のゲストなどを含めると12月に発表されるほど、最終決定はギリギリになってきます。

また、歌のジャンルやアーティストの系統によって枠が決まっているとされているので、そのあたりも考慮して予想していきます。

紅白歌合戦2019の出演者予想①:出場歌手

紅組予想

出場予想歌手 予想曲目
aiko

2018年がデビュー20周年でしたが、中堅枠として昨年に引き続き出場すると予想。

「ボーイフレンド」

昨年が「カブトムシ」だったので、今年も人気曲で固めてくると予想。

あいみょん

今年もヒット作を連発し、ネット同時配信とも相性が良いため、昨年に引き続き出場すると予想。

「ハルノヒ」

2019年発表曲で、あいみょん自身「マリーゴールド」の次点となるヒット曲。

Aimer

今年は「あな番」の大ヒットとNHKアニメ「ヴィンランド・サガ」を考慮して、出場と予想。

「STAND-ALONE」

ヴィンランド・サガの「Torches」とありえるが、”今年感”で言えばこちらと予想。

石川さゆり

演歌大御所枠として認知度も高く、若者への浸透も進んでいるので出場と予想。

「津軽海峡・冬景色」

ここ10年くらいは「天城越え」と隔年で歌っているため。早い出番ならコラボやアレンジがあるかも。

市川由紀乃

昨年は落選となりましたが、NHKの「演歌フェス2019」に出場するなど、NHKへのアプローチも強く、出場と予想。

「雪恋華」

Youtubeで140万回再生されている人気曲。TikTokなどでも若者への認知度が高い。

丘みどり

市川、杜らと若手演歌枠として出場が予想される。

「紙の鶴」

一昨年から引き続き、2019年の新曲が歌われるものと予想。

欅坂46

坂道グループの中核としてNHKへの貢献度も高いため、昨年に引き続き出場と予想。

「黒い羊」

2019年の新曲もヒットしているため、こちらの曲を予想。

坂本冬美

大御所演歌組としてトリでもトップでもこなせる経験値はゆるぎないため、昨年に引き続き出場と予想

「男の火祭り」

ここ数年は「夜桜お七」とこの曲が大半を占める。2016年からは交互となっている。

椎名林檎

東京オリンピック2020の総合チームディレクターとして外せない歌手。

「TOKYO」

2019年アルバム「三毒史」内でオリンピックと絡めるとこの曲が有力か。

Superfly

朝ドラ「スカーレット」の主題歌を担当するため出場が濃厚。

「フレア」

もちろん「スカーレット」の主題歌が歌われるものと予想。

DAOKO

若者への影響力から昨年に引き続き出場と予想。

「千客万来」

東京2020の組織員会理事を務める蜷川実花とコラボしているこの曲が歌われるものと予想。

IZ*ONE

韓国グループは情勢上難しいとの見方もあるが、ミナが不調なTWICEと入れ替えで出場を予想。

「好きと言わせたい」

初登場となれば日本でのデビューシングルが認知されやすいため、こちらの曲と予想。

DREAMS COME TRUE

昨年は不出場となったが、30周年&メンバー復帰で目玉にもなりうるため出場と予想。

「LOVE LOVE LOVE」

「まんぷく」よりも「なつぞら」関連で北海道中継演奏を前提として、ヒット曲が歌われるものと予想。

乃木坂46

今やAKB48よりも存在感を放っているため、低迷気味なAKB48が不出場と予想し、各所で活躍するものと予想。

「Sing Out!」

2019年の新曲でかつヒット曲となるとこの曲になるものと予想。

Purfume

もはや大御所枠に入りかけていると言っていいほどの安定感。昨年に引き続き出場と予想。MIKIKO繋がりも後押し。

「ナナナナナイロ」

2019年の新曲が歌われるものと予想。

松田聖子

視聴者層の知名度で言えば抜群の大御所ともいえる歌手。

あなたに逢いたくて〜Missing You〜」

昨年メドレーで、複数回歌われてきたこの曲がそろそろ登場するものと予想。

水森かおり

坂本らと共に演歌の大御所枠と言える歌手。NHKとの関係も良好なため、出場と予想。

「高遠 さくら路」

毎年、最新の曲を披露していることから2019年の最新曲と予想。

社このみ

演歌界のニューブレイクとして、NHKもイチ押しの歌手。

「くちなし雨情」

2019年かつ杜自身でも自己最高の売上となったこの曲が歌われるものと予想。

Little Glee Monster

人気と実力のあるガールズグループとして認知されているため昨年に引き続き出場と予想。

「ECHO」

2019年の発表曲は他にもあるが、アニメタイアップになっていないこちらが歌われるものと予想。

LiSA

アニメ枠として新アニソン女王の呼び声も高いため、出場を予想。

「紅蓮華」

「SAO」の方が人気タイトルだが、2019年の主題歌でいえば「鬼滅の刃」となるためこちらの曲と予想。

家入レオ

若干LiSAと立ち位置が被るが、オリンピック絡みとして出場を予想。

「Spark」

NHKのアニ×パラのタイアップからこちらの曲を予想。

 

白組予想

出場予想歌手 予想曲目

2020年末で活動休止を発表している嵐は話題、人気、実力ともに出場は間違いないでしょう。

「BRAVE」

2019年のビックイベントであるラグビーW杯の主題歌が歌われると予想。

五木ひろし

出演者中最多の出場回数を誇る演歌の大御所。昨年に引き続き出場するものと予想。

「ふるさと」

2019年の新曲が未発表であり、近年は過去に歌われた曲も披露されていることから、この曲と予想。

GENERATIONS from EXILE TRIBE

EXILE TRIBEから何組か出場が予想されるが、今年の活躍で言えばEXILEよりもこちらと予想。

「DREAMERS」

2019年の新作となるためこちらの曲と予想。

関ジャニ∞

錦戸亮の脱退を発表しているが、ジャニー喜多川氏逝去に合わせてジャニーズグループは特別な演出や枠を確保してくるものと予想。

「crystal」

5人の新体制となるが、2019年の新曲が披露されるものと予想。

King & Prince

昨年に引き続き岩橋を欠いた5人体制が予想されるが、話題、人気ともに優れており、出場するものと予想。

「koi-wazurai」

2019年のヒット曲となるこの曲が歌われるものと予想。

郷ひろみ

世代を超えて愛されるキャラとなっている大御所として、引き続き出場するものと予想。

「JAN JAN JAPANESE」

近年は過去の人気曲の披露となっていたが、新しい時代に合わせて2019年の発表曲が歌われるものと予想。

ゴールデンボンバー

NHKとも縁が深く、人気や話題性も事欠かないため今年も出場するものと予想。

「令和」

NHKドラマ「トクサツガガガ」の主題歌と拮抗するが、やはりタイトルのインパクトは絶大でこちらと予想。

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

EXILE TRIBEから2組目として”三代目”が来るものと予想。発表曲が朝ドラと関連付けられるものと推察。

「SCARLET」

白組ながら赤いイメージの歌であるため、演出上の親和性の高さを評価。

SEKAI NO OWARI

男性ボーカルのバンドグループとして安定感は抜群。昨年に引き続き出場するものと予想。

「蜜の月」

NHKのSONGSでも披露された2019年の最新曲が歌われるものと予想。

菅田将暉

2019年ブレイクしたアーティスト枠として出場されるものと予想。NHKの貢献度がプラスされれば出場は必至か。

まちがいさがし」

米津玄師とのコラボで大ヒットしているこの曲が歌われるものと予想。

スピッツ

何と言っても朝ドラ「なつぞら」の主題歌アーティストであるため、出場は確実とみられる。

「優しいあの子」

もちろん披露曲は「なつぞら」主題歌のこの曲と予想。

福山雅治

幅広い世代に人気があり、安定感は抜群。ロケ演奏常連のため、番組の演出上もプラスか。

「メドレー」

2019年の新譜が今のところないため、例年と同じくメドレーとなると予想。

三浦大知

NHKへの貢献度が高く、パフォーマンスも毎年高評価であることから昨年に引き続き、出場と予想。

「片隅」

2019年のヒット曲としてこちらの曲が歌われるものと予想。

King Gnu

2019年のブレイクバンドでネット配信に強い歌手として出場を果たすものと予想。

「白目」

メジャーリリースとして最も勢いのあるこの曲が歌われるものと予想。

ヤバイTシャツ屋さん

昨年も出場の可能性があったグループ。昨年はBTSのTシャツ問題の余波を受けたとの情報もあるが、今年は期待も込めて出場と予想。

「案外わるないNHK」

「何だこれ」と思わせられれば勝ちとなるようなこの曲が歌われるものと予想。

山内惠介

NHKへの貢献度が高く、人気・実力ともに充実している。

「唇スカーレット」

朝ドラ「スカーレット」と関連付けて披露されるものと予想してこの曲。

ゆず

NHKのオリンピックイヤーでの貢献度では最高のゆず。テーマソングは扱わないが、NHKドラマ主題歌を担当している。

「マボロシ」

マンガ原作の「昭和元禄落語心中」のNHK実写ドラマの主題歌を歌うものと予想。

米津玄師

昨年の話題性、オリンピック楽曲の提供などNHKがどうしても出場してほしいと思っている歌手。

「馬と鹿」

映画主題歌の「海の幽霊」もあるが、メジャー10作目となるこちらを披露曲に予想。

Sexy Zone

諸所の問題があるものの何とか出場されるものと予想。ただし松島を欠いた4人体制は厳しいとの見方もある。

「麒麟の子」

2019年にリリースした新曲を歌うと予想。

星野源

NHKへの貢献度が高く、安定の人気と実力を誇っている歌手。昨年に引き続き、出場を予想。

「メドレー」

2019年のリリースが今のところないため、POP VIRUSをはじめとしたスペシャルメドレーと予想。

C&K

ネクストブレイクの期待の新人10年目と言われる無名ながら高評価の歌手。情報番組での露出の拡大により、出場が現実となると予想。

「TEN」

2019年の新作を歌うと思われるため、こちらの曲を予想。

 

紅白歌合戦2019の出演者予想②:司会者

総合司会

総合司会は昨年に引き続き、ウッチャンナンチャンの「内村光良」さんと思われます。

3年連続の総合司会についてはかなりの確率で実現するとみられています。

その理由は内村さん側からの条件提示とも言われています。

実は2019年の初頭に既に次回(2019年第70回)の紅白歌合戦の総合司会の打診があり、当初は難色を示した内村さん。

その理由はというと、紅白はリハーサルを含めて長時間拘束されるビッグイベントとなるためです。

それに対して、内村さん側はNHKの「朝ドラでのナレーション」や「大河ドラマの出演」を条件提示したとのこと。

実際に「なつぞら」ではそれが実現した形となっていますね。

過去の2回の内村さんのパフォーマンスも評価が高いため、是非この人選はNHK側も叶えたいと思っているはず。

年末は内村さんのダンスなど見られるかもしれませんね。

紅組

紅組の司会は昨年に引き続き、「戸田恵梨香」さんと予想されます。

 

白組

白組の司会は嵐の「松本潤」さんと予想されます。

 


スポンサーリンク

去年の紅白歌合戦2018はどうだったの?

※更新中


スポンサーリンク

紅白歌合戦2019出演者予想まとめ

紅白歌合戦2019の出演者予想についてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめ
  • 紅組と白組と司会の出演者予想を行った
  • 大半は昨年から変化はないものの、2019年にブレイクした歌手などが初登場している
  • 司会は昨年から大きく変化はない予想

 

 

 

関連記事:
→※執筆中

スポンサーリンク