俳優の濱田岳さんが9月8日放送のTBSドラマ「ノーサード・ゲーム」で相手チームのラガーマンとしてゲスト出演することが決定しました!

この記事では実はラグビー部に所属していたという濱田岳さんの学校がどこなのかポジションはどこだったのかについてお届けします。

濱田岳さんのラグビーエピソードについてもお届けするので、お見逃しなく!


スポンサーリンク

濱田岳はどこのラグビー部だった?

濱田岳さんは9歳の時に芸能事務所にスカウトされ、1998年のドラマ「ひとりぼっちの君に」でデビューしています。

小学校時代は野球部に所属していたそうで、子役をしながら野球にも熱中していたそうです。

濱田岳さんがラグビーを始めたのは、実は中学校からで学校のラグビー部に所属していました。

国内でもラグビー部を持つ中学校は限定されてきますが、濱田岳さんは所属していたのは、

獨協中学校」(独協中学校・獨協高等学校)

でした!

獨協中学校は偏差値65程度の難関私立で、中高一貫校です。

獨協中学・高校のラグビー部は学校の中でも重要視されていて、数ある運動部・文化部の中でも学校HPに掲載されており、かつ一番上に載っています。

実は濱田岳さん、中学入学当初は小学校から続けていた野球部に入部したのですが「上下関係が厳しい」という理由で退部しています。

大人に囲まれなければならない芸能活動をしながら、学校の部活動まで上下関係に悩まされるのは苦痛ですよね。


スポンサーリンク

濱田岳のどこのポジションだった?プレーは?

濱田岳さんが獨協中学・高校でラグビー部に所属していた頃のポジションはどこだったのでしょうか?

中学時代の濱田岳さんのポジションについては、ほとんど情報がありませんでした。

一部、情報では「スクラムハーフ」ではないか?と言われています。

確かにスクラムハーフであれば、濱田岳さんの身長にも合っていますし、FWを活かす司令塔として、仲間とのコミュニケーションも上手そうですよね

濱田岳さんのラグビー部でのプレースタイルも不明でしたが、ドラマの撮影に対しては、

「撮影でのコンタクトは本気そのものだったので『お邪魔している』という緊張が一瞬で飛びました。」「真剣にやらないとけがをしますし、作品のためにもならないと、気持ちが切り替わりました」

とコメントしています。

濱田岳さんの本気プレーが見られることは間違いなさそうですね!


スポンサーリンク

濱田岳のラグビーエピソード!

濱田岳さんがどこの学校でラグビーをやっていたかは、実は芸能活動に大きな影響がありました。

それは、ラグビー部に所属していた獨協中学・高校が生徒の「芸能活動を認めていなかった」からです。

最終的には高校を中退して、芸能活動に専念するのですが、高校入学したての際にこんなエピソードがありました。

獨協高校でのラグビー部では安全性を考慮して、ヘッドギアの装着が義務付けられています。

そこで濱田岳さんは「このヘッドギアでどれだけ安全になるのか?」ということに疑問を持ってしまい、部室の仲間たちとヘッドギアを装着して攻撃しあう、という実験をしていたそうです(笑)

まさに、体育会系の男子高校生のノリですね!

これを振り返った濱田岳さんは「はたから見たら訳が分からないですよね」「でも盛り上がっていた(笑)」と楽しそうにコメントしていました。

濱田岳ラグビーまとめ

濱田岳さんがどこの学校でラグビー部に所属していたかについて、お届けしましたがいかがでしたでしょうか。

名門・獨協中学のラグビー部は練習はキツそうですが、その分のめり込んでいった濱田岳さん。

ドラマでの活躍も期待したいですよね!

スポンサーリンク